about mana-viva
ー マナビバとは ー

マナビバでもっと楽しく! もっとクリエイティブに!

学びがもっと楽しく、もっとクリエイティブになれば、人生がもっと充実するはず。

変化の激しい世の中を生き抜くために、学びは一生続きます。
受験を最終目的とする旧来の教育から、生徒の未来に資する教育へ。

私たちはそんな想いから、学習塾という枠組みを超えたマナビバを立ち上げました。
マナビバは、生徒たちの学習を長く支え続けるサイトを目指しています。

マナビバには、学ぶ+viva(万歳)、あるいは、学ぶ場所、という意味を込めました。

名古屋市天白区のヒーローズ植田一本松校と、日進市赤池のヒーローズ赤池校が私たちの教育現場です。
テスト対策や進学指導はもちろん、将来につながる学習コンテンツも様々な形で発信してまいります。

私たちと一緒に、一生使えるスキルや習慣を身に着け、成りたい自分に成りましょう!

松下 誠司(まつした せいじ)
マナビバ塾長

profile
小学生から天体観測が趣味で、中学ではバドミントン部をサボって天体観測に明け暮れ、高校までそのような生活を継続。
勉強不足が祟って浪人。名古屋大学は理学部数学科へ進学し、大学院でバーチャルリアリティを研究。
大学2年生から親の仕送りを断り、家庭教師、予備校講師、専門学校講師やソフト開発のアルバイトで自活。
就職先のNECソフトウェア中部では大型コンピュータを監視するソフトの開発などに従事。その後、某トヨタ系企業に転職するも、グループの合併・再編で仕事の内容が大きく変わり、35歳ごろから独立を検討、37歳で退職。
名古屋市天白区に「個別指導学院 ヒーローズ 植田一本松校」を開校して現在に至る。

私のモットーは「学んだことは使え!」です。
テスト勉強や受験勉強は、その良い思考訓練になります。
得意のプログラミングを活かして、プログラミング教室も開講しています。
生徒たちが学んだ知識を使い、そして新しいことにチャレンジできる環境を提供したい、それが私の願いです!
history
  • 1992

    高校卒業 天文学または航空工学を志すも受験は全敗

    担任の先生から「お前が合格できる国公立大学は1つもない!行きたければ2浪だな」と言われて浪人。
    脳みそ再構築をスタート!
    予備校の授業は常に最前列に座って勉強をやり直した。

  • 1994

    名古屋大学 理学部 合格・入学

    高校の先生の予言通り2浪

  • 1995

    親の「仕送りなし」の生活スタート

    ソフトウェア開発、予備校講師、家庭教師、専門学校講師などのアルバイト掛け持ちで歴任

  • 1997

    カリフォルニア大学バークレイ校へ短期留学

  • 1998

    名古屋大学 理学部数理学科 卒業

  • 2000

    名古屋大学大学院 多元数理科学研究科 修士

    3Dディスプレイの人間工学的研究

    中部日本電気ソフトウェア株式会社 エンジニア

  • 2004

    某トヨタ系企業 エンジニア・現場責任者

  • 2009

    家庭教師や理科教育のボランティアなどに参加

  • 2011

    個別指導学院ヒーローズ植田一本松校を開校

  • 2013

    個別指導学院ヒーローズ 赤池校を開校

  • 2015

    日本育英会奨学金の返済を完了