数学100点満点!よりも報告したかったこと

テスト100点の絵

早い学校では、もう定期テストが返却されてきています。
今日、高1のA君がテストの報告をしてくれました。

A君:「数1は全部マルでした。」
私 :「おお、すごい! 良かったじゃん・・・ん?」
A君:「ん?」
私 :「それって、もしかして、100点満点!?」
A君:「はい!(笑)」
私 :「うぉーぉおお!」

中1でヒーローズに来た頃は、ほんとうに計算が苦手で、そのことで何度も面談しました。
たくさん勉強しても、なかなか点数に結びつかない。
そして、他の教科もそうでした・・・

頭では理解できています。
しかしノートに解答を書くと、ランダムなミスが出てしまうのです。
それも半分以上の問題で。

30点とか40点とか、頑張っても、いつもそのくらい。

ミスの特徴や傾向がなく、説明のできないミスが多いのです。
文字通りランダムに、確率的に起こってしまう、そういうミス。

・・・あれから3年が経ったのですね。

高校の定期テストで100点満点。
それも主要科目で。

100点満点なんて、一生経験できない人の方が普通なのではないでしょうか。

あれほど悩まされていたランダムミスが0、そう、「ゼロ」なんです。

そういう彼だったからこそ、

「100点取ったよ」

じゃなくて、

「全部マルだったよ」

という報告だったのでしょう。

そうでした、そうでした。
100点満点よりも「全部マル」であることに価値がありました。

本当に、おめでとう!

まじで泣きそう・・・

 

さて、A君と入れ替わるように、今日も、卒業生の女の子が遊びに来てくれました。
先日とは違う女の子です。

「テスト期間だから自習させて」だって。

ちょうど他の子はテストが終わって席が空いてます。

がんばりや。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。