愛知サマーセミナー 7月14~16日は椙山女学園が熱い!

愛知サマーセミナー2018のバナー

さあ、この3連休は愛知サマーセミナーへ出かけましょう!

名古屋なら覚王山や星ヶ丘へ、ぜひお出かけください。
今年は椙山女学園の小・中・高キャンパスと大学キャンパスの両方が会場です。

愛知サマーセミナーとは?

「誰でも先生、誰でも生徒」という教育イベントです。

「文化祭を町レベルでやる」みたいな感じです(私個人の印象)。
毎年夏にやるから「サマーセミナー」で、今年は30回目。

テレビで見る有名人や業界の著名人が講演している一方で、
高校生が数学や古典を教えたり、一般市民が趣味の共有をしたりします。

専用サイトから実際の講座ガイドをダウンロードできます。
あなたが興味をひくものも、きっと見つかりますよ。

なにせ2000以上の講座があり、ほとんどが無料で、誰でも参加できますから(一部予約制)。

会場は毎年変わります。
愛知県内の私立高校・私立大学のどこかが会場になります。
今年は椙山女学園の覚王山キャンパスと星ヶ丘キャンパスの両方です。

夢は体験から

イベントやお祭りの良いところは、頭よりも先に体が動くことです。

子供には夢を持って欲しい、未来を信じて育って欲しい。
親や教育者なら誰でもそう思います。

大量の情報が目に入る一方で、体験が追い付かない。
知識だけでは恐れが先に立つ。
必要以上に安定、安心を求めてしまう。

だからこそ、体験が重要になると私は思います。

誰でも先生、誰でも生徒。

もっと自由に振舞って良い。
もっと自由に参加して良い。
ルールがあって、自由もある。
自分がダメだ、無理だ、と思っていたことは、
実は誰も、ダメだ、無理だとは言っていない。

体験を通じて、そういう実感みたいなものが体の中に残れば、それこそが財産になると思います。

2000講座を超えるサマーセミナー。
体験を探しに行くには、もってこいです。

サマーセミナーの想い出

けっこう前ですが、私も生徒として参加しました。
たまには生徒にならないと。

宇宙大好きなので、宇宙開発の話を聞きに行きましたよ。

JAXAの「はやぶさ」の開発秘話は、予想通り人気でした。

特に東大阪でネジをつくっている町工場の社長さんの話しが記憶に残りました。
実はロケットの部品も作っている、というお話しでした。

ネジの中に火薬が仕込まれていて、
ネジを爆発させて補助ロケットを切り離すのだそうです。

「みなさんは学校のテストで何点なら合格ですか?
80点と思う人は手を挙げてみて。
じゃぁ90点?」

作業服を着たおじさんが、そんな感じで会場のみんなに質問しました。

「学校のテストで90点を超えたら、普通は喜びますよね。
でも宇宙開発は、99点でもダメなんです。
100点満点しかダメです。」

さすがに100点で手を挙げた人はいなかったので、みんなびっくりです。

「もしもロケットが100回に1回失敗したらどうでしょう。
大惨事ですよね。損失も何百億円です。
だから皆さんも、本気で何かに取り組むとなったら、
100点を目指して欲しいです。」

いろいろな示唆に富む内容でした。

さかなくんやダンサーのSAMさんも来られてましたっけ。
大人気過ぎて私は入れませんでした。
SAMさんは今年も開講されるみたいですよ。

ちょうど三連休です。
ぜひ愛知サマーセミナーへお出かけしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。