// 条件1に該当しない場合の処理

卒業式

中学生のみんな、卒業おめでとう!

卒業アルバムのイラスト

昼間のこと―――

少し暖かい陽気でした。
街中で花を手にした制服姿を何人も目にしました。

今日は愛知県の多くの中学校で卒業式がありました。

中学3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!

これまで中学校に通って来た3年間の思い出が、どっと湧き出たことと思います。
路上で友達と話し込む学生たちの姿は、何とも名残惜しそうでした。

植田中学校、御幸山中学校、神丘中学校、牧の池中学校、日進西中学校のそれぞれに、それぞれのドラマがあったことでしょう。

先週の記憶―――

卒業アルバムを見せてもらいながら、生徒たちから学校の思い出話しを少し聞かせてもらいました。
アルバムのページをめくると、学校の友達や学校の先生方のサインがびっしり書き込まれていました。

「先生も書いてください!」

生徒たちから素敵なお願いをされました。
もちろん講師たちも。

ちょっと照れながら贈る言葉を書かせてもらいました。

こういう時は、生徒のお父さんやお母さんの気持ちも想像してしまいます。
私も子を持つ親なので。

我が子って、親にとっては何時までも小さい子のままなんですよね。
0歳だった時の姿、1歳だった時の姿、2歳だった時の姿・・・15歳になった今の姿。
きっと、これまでの全ての姿が同時に重なって見えていることでしょう。

立派になったと褒めてあげたい。
小さい子みたいに抱きしめて守ってあげたい。
さすがに中学生を抱きしめるは無いな、などと思うのが寂しい。

そんな複雑な思いでいらっしゃるかもしれません。

夕方のこと―――

公立高校を目指す生徒は、今日も夕方から受験勉強でした。
その雰囲気に乗っかるように、私立高校で決まっている生徒たちも、黙って勉強していました。

 


名古屋市天白区の植田で塾を探すなら、日進市赤池で塾を探すなら、個別指導のヒーローズ!!

★ 直接のお問い合わせ ★
――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 植田一本松校
〒468-0009
名古屋市天白区元植田1-202 金光ビル2F
TEL:052-893-9759
教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCgL

――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 赤池校
〒470-0125
日進市赤池1丁目3002 福岡ビル2F
TEL:052-808-0552

教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCge

愛知県公立高校入試までラストスパート!

愛知県の公立高校入試まで、残り数日となりました。

いよいよラストスパートです。

日程は次の通りです。

 

3月6日(火)公立中学 卒業式

3月8日(木)B日程 筆記試験

3月9日(金)B日程 面接試験

3月12日(月)A日程 筆記試験

3月13日(火)A日程 面接試験

3月19日(月)合格発表

 

さて、直前は何をすべきか、おさらいしましょう。

直前にすべきことはミス対策、つまり「ミスをしないための手順確認」でした。

例えば、

 

  • 問題文を最後まで読まずに答え方で失点がおおかったので、問題文のキーワードに〇印をつける
  • 代入計算で符号のミスが多かったので、マイナスの数値に()を付ける
  • 理科の計算で小数点の位置や桁がズレて失点が多かったので、数字の単位(cmかmか、など)に〇印をつける

 

などなど、勉強の実力というよりは、行動パターンの改善や手順の確認です。

勉強なら、今から新しい解法をマスターするよりも、暗記で点数が増えることを優先しましょう。

そして試験にのぞむ心構えの注意点は、

 

  • 1問でも多く取りにいく ⇒ ダメ!
  • 合格点を取りにいく   ⇒ OK!

 

でしたね。

要するに、緊張対策でした。

できない問題があっても、だいたい合格点くらい解けていたら、焦らず、むしろ捨てに行きましょう。

その感覚が分かるように、今まで過去問や予想問題を時間を計って解いてきたのですから。

ついつい「1問でも多く取ろう」と考えがちですが、それはダメですよ。

そういう気持ちでいると、実力以上に力を出そうと緊張してしまい、それだけ、できなかった問題を気に掛けるようになってしまうからです。

本番でくよくよしてはいけません。

1教科おわったら、すぐに次の教科に頭を切り換えてください。

自分ができなかった問題は、どうせ周りの受験生だってほとんどできていません。

模擬試験で、ある程度の合格判定を受けてから、受験に来ているのです。

 

ベストを尽くすとは、本番で実力以上を出そうと力むことではありません。

むしろ気持ちをよく整え、いつもの自分の実力通りに力を出し切ることです。

 

いつも教室で指導してきたことです。

あぁ、でも、やっぱり念を押したくなってしまいます。

しつこいようですが、教室でやってきたこと、それを、いつも通りにやりましょう。

 

あともう少し、頑張って!