なぜプログラミング教室は小学生からなのか?

幼稚園児のイラスト

塾長です。おはようございます。

夏期講習、面談、体験授業などで忙しくしていたら、すっかりブログを書かなくなっていました。先日の面談で、お母さまから「ブログ読みました」と言われて思い出しました。ありがとうございます。

さて「プログラミング教室は何歳から?」についてお答えします。よく聞かれます。

幼稚園生でもできますか?

いよいよ来年度から小学校でプログラミング教育が必須化されます。プログラミング教室のお問合せも増えてきました。驚くことに

「まだ幼稚園生ですが、できますか?」

というお問い合わせが意外にあります。おそらくマインクラフトでプログラミングができるため、お子様が「マイクラならやりたい!」と言ったのでしょう。しかし私はこれまでの指導の経験から、

「幼稚園生は、まだ早いです。」

とお応えしています。

「早い子は小1の1学期、普通は小1の冬くらいからです。ひらがなを書けるようになり、少し漢字を使えるようになった頃が目安です。」

と説明を添えます。コンピューターの使い方は1から教えますが、文字から教えていたのではプログラミング教室になりません。

早すぎる習い事は逆効果

幼少期で大切なことは、勉強する前に、まず「多くを経験しておく」という事です。つまり遊びが大切です。たくさん遊んでおかないと、その後で伸び悩んでしまいます。

経験したことや経験から考えたことを文字や絵で表現し、それをまた自分で見ることで、初めて自分を客観的に見られるようになります。また言葉にすることで知識になります。理性の発達です。

しかし経験が無いのに表現したり知識にしたりすることはできません。

そして理性の発達に伴い、落ち着いて座っていられる、人の話を聴ける、ということがだんだんできるようになってきます。幼稚園生は、そこにつながる経験をやり始めたばかりです。まだ経験不足です。

ですから、小学生から行うプログラミング教育を幼稚園生まで早めるのは難しいでしょう。プログラミングでは落ち着いて座る、じっと考える、経験や考えを数字や文字で表現する、ということをするからです。

もしも逆に幼稚園生に合わせて内容を簡単にしてしまえば、プログラミング教育の意味が無くなってしまいます。それなら積み木で遊んだり公園の砂場で遊んだ方が良いでしょう。

早すぎる習い事は逆効果です。

幼稚園生なら習い事よりも遊ぶことをメインにして欲しいと思います。一緒にプログラミング教室に来ようと思っていた時間は公園などへ連れて行き、外で遊ばせてください。

そして小学生になったら、その時はぜひ、また来てください。お待ちしております!

 


名古屋市天白区の植田で塾を探すなら個別指導のヒーローズ!!

★ 直接のお問い合わせ ★
――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 植田一本松校
〒468-0009
名古屋市天白区元植田1-202 金光ビル2F
TEL:052-893-9759
教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCgL

――――――――――――――――――――――

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。