定期テスト対策 時事問題 傾向と対策

時事用語を解説しているイメージ写真

学年末テストが近づいて来ました。

社会、理科、保健・体育では時事問題を出題する先生が多いです。
教室では時事用語の解説を紙1枚にまとめて配ります。

時事問題の出題は、定期テストだけではありません。
この3日間で行われている私立高校入試でも、一部の高校で理科、社会の時事問題が出題されました。

出題されやすい分野

近年の教科書改訂に合わせて、エネルギー利用や自然災害に関する出題が多くなっています。
また世界文化遺産のような公的機関が認めたものや、消費税や選挙権のような新しい制度も出やすいです。
もちろん、ノーベル賞やスポーツの世界大会優勝など、日本人の輝かしい実績も要チェックです。
特にオリンピックやワールドカップがある年は、保健体育で出題頻度が跳ね上がります。

さらに難問として、世界情勢が出題されることがあります。
地理の方が出題されやすい印象ですが、受験生は歴史的背景が絡むものもあります。

ちなみに国会で紛糾していることや政治的な事件については、あまり出ません。
中立的な立場で事実関係をまとめるのが難しいからでしょう。

時事問題が出される理由

学校の先生に聞くと、時事問題を出す理由は主に2つあるようです。

  • 意欲・興味・感心を見る手段の1つ(あくまで1要因)
  • テストの問題量や難易度の調整

定期テストの問題は、テストの直前に作られます。

テスト1週間前は、まだ印刷されていませんが、7~8割の問題を作成済みです。
テスト直前になって、残りを仕上げて印刷します。
この最後の仕上げの時に、時事問題で問題量や難易度を調整できます。

例えば、生徒全体の実力レベルを考えて、このままでは平均点が50点未満になるようなら時事問題を簡単にします。
例えば、問題量が少ないけれどテスト範囲が短かい時には、時事問題を多めにします。

うちは新聞をとってないんですけど・・・

最近は新聞を購読しないご家庭が増えました。
そのため数年前の一時期は時事問題を出さない先生が増えました。
しかしここ数年で、ふたたび出されるようになってきました。
図書館、テレビ、ネットなど、多様な手段でニュースを見ることが可能だからでしょう。

上のような理由で出題されていることや、入試での出題も考えると、今後も時事問題が無くなることはなさそうです。

ニュースをまとめると嫌でも気付くこと

今回、生徒に配布している時事用のご解説は、2018年11月ころから2019年2月5日までのニュースをもとにまとめてあります。
数か月間のニュースをまとめていると、嫌でも気が付いてしまうことがあります。

それは、ここ最近の世界の不穏な動きです。

イギリスがEU離脱、カルロス・ゴーン逮捕、米中経済摩擦、INF全廃条約の廃棄、火器管制レーダー照射・・・

大坂なおみ選手の世界ランク1位、大阪万博開催決定などといった、明るいニュースのすき間から、不安を思わせる世界のニュースがチラチラと顔をのぞかせて来るのです。

格差拡大、保護主義、自国第一主義、ポピュリズム、民主主義の限界・・・

20世紀は植民地支配や帝国主義から脱却し、民主主義と自由を勝ち取ったはずでした。
今、その民主主義と自由をドヤ顔でけん引してきた戦勝国が、次々に行き詰まっています。
そして、その原因を周辺諸国や移民のせいにしています。

世界恐慌、ブロック経済や保護主義、ポピュリズムによる国際摩擦の拡大、そして第二次世界大戦。
大戦に至る流れを、私たちは歴史で学んで知っています。
それを反省してつくられてきたはずの世界の仕組みが、いま壊れかけています。

さらに良くないことは、民主主義のプロセスを経ているにも関わらず、国際摩擦が過熱しているという事実です。

時事問題の出題は、ニュースの用語を書かせるだけではダメなんです。

ニュースを通じて、子供たちは何を感じ、見抜き、そしてどんな知恵をつけるべきなのか。
そこをビシビシ子供たちに問いかけなければいけないと思うのです。

子供たちを戦場に向かわせたいですか?

知恵が枯渇すると、自分の問題を人のせいにして、戦争を起こしてしまいます。
私たちが歴史を学ぶ意味は、そういう反省です。

異文化や他国のことを軽んずるためではありません。
そういう教育では意味がないんです。

今回、私は時事用語の解説の裏面に、それとなく特集を入れました。

保護主義、自国第一主義、ポピュリズム、民主主義の限界・・・

こうした用語の解説です。
そして、保護主義やポピュリズムが生まれてしまう理由を説明しました。

冷戦や大戦を回避できる、本当の知恵ある世代を輩出するために、私たち教育者が再び真剣に考える時です。

 


名古屋市天白区の植田で塾を探すなら、日進市赤池で塾を探すなら、個別指導のヒーローズ!!

★ 直接のお問い合わせ ★
――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 植田一本松校
〒468-0009
名古屋市天白区元植田1-202 金光ビル2F
TEL:052-893-9759
教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCgL

――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 赤池校
〒470-0125
日進市赤池1丁目3002 福岡ビル2F
TEL:052-808-0552

教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCge

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。