発表、夏休みの勉強時間

女の子がヒントを出すポーズの写真

夏休みが近づいて来ました。
この夏こそは!
高い目標を掲げている受験生や生徒たち、多いと思います。

具体的に何時間の勉強が必要なのでしょうか?

やっぱり人の実績が気になりますし、参考にしたいですよね。

そこでヒーローズ植田一本松校と赤池校の指導実績から具体的に教えます。
また国家資格の合格に必要な勉強時間も参考に挙げておきます。

さっそく、松下がヒーローズで指導してきた生徒たちの実績からご紹介します。
成績アップして第一志望を勝ち取った生徒たちの平均的な数字です。

<注意事項>
※このブログ内では障害についての言及は一切含まれず、かつ他意もありません。
※あくまで健常者にとって参考になりそうな勉強の仕方を考えています。
※集中していない時間は生徒の主張に関わらず勉強時間にカウントしません。
※少ない時間で合格できた特異な生徒の例は排除してあります。
※個人差があると思いますので、あくまで参考と見て下さい。

高校受験生の実績 夏休み40日間(塾+自宅+学校)

合格偏差値 第一志望の目安 1日あたり 夏休みの合計 勉強の様子
65~ 旭丘、明和、菊里、向陽、千種、東海、滝 10時間~ 400時間~
  • 環境に左右されず集中できる
  • 新研究やマイペースは夏休み前に完了
  • 夏期講習はハイレベル教材を多量に
  • 模試を早くからチャレンジ
  • 講師や先生から受けたアドバイスは全て試す
60~64 瑞陵、桜台、名東、昭和、愛知、中京(特)、名城 8~9時間 340時間
  • やればやるほど焦ってさらに勉強
  • 新研究やマイペースは夏休み中に2周相当
  • 夏期講習はハイレベル教材1冊をじっくり
  • 模試を早くからチャレンジ
  • 講師や先生から受けたアドバイスは全て試す
55~59 天白、松陰、名古屋南、名古屋西、中京(進)、名電 6~7時間 260時間
  • 目標が高いのに出遅れて8月から必死に挽回
  • 新研究やマイペースは夏休み中に1周相当
  • 夏期講習は標準教材をじっくり
  • 模試を早くからチャレンジ
  • まだ自分では計画的に勉強できない
50~54 熱田、緑、日進西、長久手、東邦 4.5~5時間 200時間
  • 部活が大変でも毎日少しずつコツコツやる
  • 新研究やマイペースを冬までに1周相当
  • 夏期講習は標準教材をゆっくり
  • 模試は夏からチャレンジ
  • 計画が遅れ気味、楽な方法を探すも断念
45~49 鳴海、山田、豊明、名経高蔵 3~4時間 150時間
  • 勉強の危機感はあったが部活を優先しすぎた
  • 新研究やマイペースをやりきれない
  • 夏期講習は基礎教材をじっくり
  • 模試は言われたら受験する
  • 勉強量を増やしても集中力が続かず計画が遅れ気味
40~44 惟信、東海学園、名古屋大谷 2~2.5時間 90時間
  • 実力を知り、公立を諦め私立推薦に変更するケースも多い
  • 新研究やマイペースはほとんど手着かず
  • 夏期講習は苦手単元を切り捨てて実施
  • 模試は秋以降まで受けたがらない
  • その日の勉強時間は気分次第
~39 日進など ~1.5時間 ~60時間
  • 勉強しようとすると眠くなる
  • 学校に宿題を提出していない
  • 夏期講習の申込書を保護者に見せない
  • 模試の申込書を保護者に見せない
  • 勉強するかしないかは気分次第

 

続いて大学の一般受験編です。

国公立大学受験生の実績 夏休み40日間(塾+自宅+学校)

※国公立大学は受験科目が6~7科目と多いため私立大学ほど高い偏差値にはなりません
※医学部は対象外です

合格偏差値 第一志望の目安 1日あたり 夏休みの合計 勉強の様子
60~65 名古屋大、名市大、千葉大、滋賀大、など 12時間~ 480時間~
  • 7月時点でセンター試験の過去問を60%以上は解ける(7科目)
  • 7月時点で偏差値60以上の得意科目が2つ以上ある
  • 夏期講習は、得意科目は記述対策中心の添削指導、苦手科目は映像教材で基礎からセンターレベルまで
  • 苦手科目をきっちり克復して全科目を一定水準以上にする
50~59 愛教大、名工大、愛知県立大、岐阜大、静岡大、など 10時間~ 400時間~
  • 7月時点でセンター試験の過去問を50%以上は解ける(7科目)
  • 7月時点で偏差値50以上の得意科目が2つ以上ある
  • 夏期講習はセンターレベルの克服が先決+記述対策を部分的に
  • 苦手科目が1つ程度なら他教科や受験方法でカバー可能

※偏差値50未満の国公立は当塾でデータなし

 

私立大学受験生の実績 夏休み40日間(塾+自宅+学校)

※私立大学は受験科目が2~4教科と少ないため国公立大学よりも高い偏差値となります
※医学部は対象外です

合格偏差値 第一志望の目安 1日あたり 夏休みの合計 勉強の様子
55~60 南山大、名城大、中京大、名古屋学芸大、名古屋外語大、など 8時間~ 320時間~
  • 7月時点でセンター試験の過去問を60%程度は解ける(2~3科目)
  • 7月時点で偏差値60以上の得意科目が1つ以上ある
  • 夏期講習はセンター対策+弱点1科目を強化
  • 2教科を軸に3教科目の弱点を克復して全科目を一定水準以上にする
50~54 愛知淑徳大、椙山女学園大、愛知大、愛知学院大、中部大、など 6時間~ 240時間~
  • 7月時点でセンター試験の過去問を45%以上は解ける(2~3科目)
  • 7月時点で偏差値50以上の得意科目が1~2ある
  • 夏期講習は基礎~センターレベルを補強
  • 文法、単語、語彙も要強化
45~49 藤田保健衛生大、日本福祉大、名古屋学院大、大同大、東海学園大、など 4時間~ 160時間~
  • 7月時点でセンター試験の過去問を45%以上は解ける(1~2科目)
  • 7月時点で偏差値45以上の得意科目が1~2ある
  • 夏期講習は基礎レベルを補強、時には受験科目の見直しも
  • 文法、単語、語彙も要強化

 

資格試験の合格に必要な勉強時間(参考)

最後に、国家資格の合格に必要と言われている勉強時間です。

資格名 平均年収 勉強時間 備考
司法試験 1,094万円 6,000時間 法科大学院に通う人が多い
公認会計士 717万円 3,000時間 専門学校に通う人が多い
国家公務員Ⅰ種 670万円 2,000時間 大学生が取る場合が多い

大学レベルの有識者が、さらに勉強してチャレンジするケースが多いです。
夏休みに400時間以上勉強できるような人が、さらに何年も努力を積み重ねて取るような資格だとお分かりでしょう。

夏休みの勉強時間は人生の勉強時間を決める!

学生の時だけです、1日10時間も勉強できるのは。
そして40日もまとまった期間が取れるのは夏休みだけです。

これは勉強しまくるチャンスですよ。

さあ、夏休みに300時間も400時間も勉強できる体を作っておきましょう。

経験したことのある苦労は、2度目が少し楽に感じます。
自分にとって当たり前に感じる努力がバージョンアップするのです。

他人から見たら手が届きそうにない努力をやり切れる人になれます。
そうすれば、きっと、その後の人生が大きく変わるでしょう。

最近では、データサイエンスや人工知能の分野でプログラミングができる人も年収1,000万を超えています。

いったい何時間の勉強や訓練でプログラミングできるようになったのでしょうか?

上の表を参考にしたら何千時間ということになるでしょう。
しかし当の本人は、そこまで努力してきた自覚がないのかもしれませんよ。

この夏、ぜひ、「自分にとって苦にならない勉強時間」をどんどん増やしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。