プログラミング教室の体験会 みんなマイクラ大好き!

マイクラミングの画面イメージ

今日もプログラミング教室の体験会をしました。
小学生の男の子。チラシをお母さまに見せ、

プログラミングは大事だ、やりたい!

と訴えて、ご両親と一緒に来てくれました。
お子様の話をきっかけに、保護者様もアンテナを高くし、

「え、もうそんなことになってるの!?」

とご興味を持たれたそうです。
最近このパターンが多いですね。

プログラミング教育なんて、もっと未来の話だよね。

そんな考えが、もう大昔のようです。

親の目の前で進化していく子供たち

ご両親が見守る中、はじめてお子様がパソコンを使い始めます。

はじめてのマウス操作、はじめてのキーボード。
そして、大好きなマインクラフト。

ゲーム機なら上手に操作できたのに、キーボードとマウスでは難しそうです。

それが5分、10分と経つ内に、使えるようになってしまいます。

でも、やっぱり最初は勝手が利きません。
自分で掘った穴に落ち込んでしまい、出られなくなってしまいました。

プログラミングの威力!

お、これは見せ場だな!

別の画面から「テレポート」命令を送ってみせます。
すると一瞬でワープして、もとの位置に戻れました。

え、どうして?

手ではできない操作も、プログラミングなら、できてしまうんです。
コンピューターを使いこなすのがプログラミングですから。

もちろん、今、手で操作していることも、全てプログラミングでできてしまいます。

例えば、ブロックを10,000個くらい壊したり置いたりして、平らな土地を作ろうとしたら、どれくらい時間がかかると思いますか?

プログラミングなら直ぐですよ。

プログラミング必須化の意味を再確認

お子様が新しいチャレンジをしている、その横で、
ご両親から多くの質問をいただきました。

ご興味を持っていただいて嬉しくなりました。
プレゼン資料も引っ張り出しながら、知っていること何でもお答えしました。

  • 遊びを通じて体験ができること
  • その体験の中に、コンピューター操作、立体図形を全方向から見ること、縦、横、高さの組み合わせだけで立体空間の中を移動すること(座標で考える基礎)、法則性や再現性を見破ること、などが、ふんだんに盛り込まれていること
  • 体験を重視しないと、後で応用が利かなくなること
  • 試行錯誤を通じて目的を実現させること
  • 学習塾なので、学校で習う知識もプログラミングの道具として使うこと
  • 簡単でもプログラミングの基礎はしっかり身につくこと
  • 高度な数学やプログラミングを扱う上級コースもあること
  • 人に合わせる必要がなく、本人に合ったペースで進めること
  • これからは3桁のかけ算を暗算できることより、その計算式をコンピューターに伝えられる方が大切であること
  • 逆に、お子様を電卓や辞書に仕立てるような教育は無意味であること
  • プログラミングができる人は5時間の作業を10分でやってしまうこと
  • これからはプログラマーでなくても、できて当たり前の素養になること
  • 実は私自身がこれの開発者であること

などなど。

これからコンピューターや人工知能のおかげで、無くなってしまう仕事や、新しく生まれて来る仕事についても、お話ししました。

お父さまもお母さまも、ご自身の職場で起こっていることと結び付けて、

「そう、まさに今もそうなって来ています。」

と聞いていらっしゃいました。

どうして教育改革を急ぐのか、そこにプログラミングがなぜ必須化されるのか。

深くご納得、という感じでした。

保護者様の積極的なご参加のおかげで、濃密で充実した体験会になったと思います。
お子様にとっても、夢のある、夏休みの思い出になったことでしょう。

「やりたい、やりたい!」

と言いながら、名残惜しそうに教室を後にしていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。