マイクラミング ハイコース テキスト増冊中!

テキストを編集している画面

ヒーローズのプログラミング教室
生徒が増えてきました。

植田一本松校では、昨日も今日もお問い合わせをいただきました。
ヒーローズの他の教室から取り組みたいとお声がけもいただきました。

中学生や高校生にも人気がある!

これもヒーローズの「マイクラミング」の特長かもしれません。

マイクラミングは3コース

マイクラミングはヒーローズのプログラミング教室です。
スクラッチを使ってマインクラフトの世界で創作活動をします。

小学低学年 → ジュニアコース
小学高学年 → ミドルコース
中学生以上 → ハイコース

でおすすめしています。

ハイコースのテキスト編集 雑記

写真はハイコースのテキストをつくっていた画面です。

実はハイコースのテキストは松下が編纂しています。

ハイコースでは数学を遠慮なく使います。

例えば、写真にある章では、立体空で直線を描きます。
この章はハイコースを始めてから半年くらいで習います。

  • 人文字   (小学5年生の算数)
  • 四捨五入  (小学4年生の算数)
  • 三平方の定理(中学3年生の数学)

などが出てきます。

マインクラフトの世界は、直線もブロックでできています。

ビット絵が立体になったような世界です。

正確に計算するために、途中の計算は小数で行います。
しかしビット絵ですから、ブロックの座標は整数です。
計算結果を整数に直す工夫もまた、頭の使いどころです。

直線を描くことを1つ考えても、

1方向だけ考える(1次元)
平面上で考える(2次元)
空間上で考える(3次元)

で難易度が変わってきます。
それぞれ1節ずつマスターしながらレベルアップします。

このように、
学校で習った知識、これから習う知識を積極的に使うようになっています。

何といっても、学習塾で開発していますからね。

アメリカのプログラミング教室では、
高校生が大学の修士論文に匹敵する成果を出す例があるそうです。

コンピューターの力を借りて、
新しい概念にどんどんチャレンジし、
学年を超えたところまでレベルアップしてしまう。

ハイコースは、そんな夢を少しだけ見られるコースです。

コチラもご覧ください !(動画の2分30秒以降がマイクラミングの説明です)

ハイコースを1年分くらい作り終えたら、プロコースという予定もあります。
プロコースはスクラッチを卒業して、パイソンになります。
(実はマイクラミングの環境はパイソンで開発されています)。

ご期待ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。