// 条件1に該当しない場合の処理

公立高校

一目でわかる「合格する人」の書き方

虎の巻の絵

名古屋市内の公立高校で、偏差値トップ3に入る御三家と言えば、

旭丘高校、明和高校、そして菊里高校です。

そのような高校へ進学すると、ある「凄いもの」が手に入ります。

先日、それを塾生が持って来てくれました・・・

続きを読む

教室の雰囲気や指導力をグラフで見える化

うちの塾の実態が丸見えの分析をしてしまいました。
ヒーローズ植田一本松校とヒーローズ赤池校の過去全ての合格者データから計算しました。

塾の実態!?

どんな生徒でも来たままに受け入れてきました。
そういう塾なので、合格実績や偏差値で見える化したら不利になると思ったのですが・・・
なんと驚いたことに、うちの塾って、もしかして・・・!?
という結果になりました!

閲覧注意「え!?ここまで公表しちゃうの!?」という内容です。

続きを読む

合格実績 2011~2017 高校受験編

ヒーローズ植田一本松校とヒーローズ赤池校の開校以来の実績について、ズラ~と表にしました。

今回は高校受験編! みんなの行きたい高校はありますか?

なお、今年だけの実績は「祝合格! 2017」をご覧ください。

また、大学合格実績は「合格実績 2011~2017 大学受験編」をご覧ください。

※毎年ブログやチラシで公開しています。

続きを読む

祝合格! 2017

2017年度卒業生たち全員の進路先です!

下にズラ~と表にまとめました。ご確認ください!!

こんな塾はヒーローズ植田一本松校とヒーローズ赤池校くらいでしょう。

なお、開校以来の累積の実績(2011~2017年度)も公開しています。「高校受験編」や「大学受験編」もぜひご覧ください。

また合格者の声は「合格の声! 先輩から後輩へ贈るメッセ―ジ」です。

さて、みんなの行きたい高校や大学はありますか?

続きを読む

合格の声! 先輩から後輩へ贈るメッセージ

3月19日は愛知県公立高校入試の合格発表日でした。

ヒーローズ植田一本松校やヒーローズ赤池校へ生徒たちが結果報告に来てくれました。

そして教室にいる後輩たちのために、色々な言葉やアドバイスを残していってくれました。

※合格実績は「祝合格! 2017」をご覧ください。

さあ、これが受験を突破した本人たちの声です・・・

 

大学受験生のKくん言葉

僕は、ほかのみんなと違って覚えるのにとても時間がかかりました。

そのため、センター試験では点数が全くとれませんでした。だから、最初は、浪人をしようかと諦めていました。

最終的には、後期試験で合格をもらった大学に行くことに決めました。これもヒーローズの先生方の多大な指導のおかげだと思います。

最後まであきらめない気持ちが大事です。

4年間お世話になりました。

 

塾長コメント

Kくんは高校受験の時に担任の先生から「公立高校は絶対に無理です!」と宣告されていましたが、公立の進学校に合格しました。本人も言うように、確かに瞬発力はありませんがコツコツ地道に努力してきました。大学は3校受験して2校の合格を勝ち取りました。4年間の蓄積が出ました、素晴らしいです!

続きを読む

愛知県公立高校入試までラストスパート!

愛知県の公立高校入試まで、残り数日となりました。

いよいよラストスパートです。

日程は次の通りです。

 

3月6日(火)公立中学 卒業式

3月8日(木)B日程 筆記試験

3月9日(金)B日程 面接試験

3月12日(月)A日程 筆記試験

3月13日(火)A日程 面接試験

3月19日(月)合格発表

 

さて、直前は何をすべきか、おさらいしましょう。

直前にすべきことはミス対策、つまり「ミスをしないための手順確認」でした。

例えば、

 

  • 問題文を最後まで読まずに答え方で失点がおおかったので、問題文のキーワードに〇印をつける
  • 代入計算で符号のミスが多かったので、マイナスの数値に()を付ける
  • 理科の計算で小数点の位置や桁がズレて失点が多かったので、数字の単位(cmかmか、など)に〇印をつける

 

などなど、勉強の実力というよりは、行動パターンの改善や手順の確認です。

勉強なら、今から新しい解法をマスターするよりも、暗記で点数が増えることを優先しましょう。

そして試験にのぞむ心構えの注意点は、

 

  • 1問でも多く取りにいく ⇒ ダメ!
  • 合格点を取りにいく   ⇒ OK!

 

でしたね。

要するに、緊張対策でした。

できない問題があっても、だいたい合格点くらい解けていたら、焦らず、むしろ捨てに行きましょう。

その感覚が分かるように、今まで過去問や予想問題を時間を計って解いてきたのですから。

ついつい「1問でも多く取ろう」と考えがちですが、それはダメですよ。

そういう気持ちでいると、実力以上に力を出そうと緊張してしまい、それだけ、できなかった問題を気に掛けるようになってしまうからです。

本番でくよくよしてはいけません。

1教科おわったら、すぐに次の教科に頭を切り換えてください。

自分ができなかった問題は、どうせ周りの受験生だってほとんどできていません。

模擬試験で、ある程度の合格判定を受けてから、受験に来ているのです。

 

ベストを尽くすとは、本番で実力以上を出そうと力むことではありません。

むしろ気持ちをよく整え、いつもの自分の実力通りに力を出し切ることです。

 

いつも教室で指導してきたことです。

あぁ、でも、やっぱり念を押したくなってしまいます。

しつこいようですが、教室でやってきたこと、それを、いつも通りにやりましょう。

 

あともう少し、頑張って!