個別指導塾、学習塾のヒーローズ。植田(名古屋市天白区)、赤池(日進市)の口コミで評判!成績が上がる勉強方法が身につく!振替、自習も便利!
// 条件1に該当しない場合の処理

大学入試

【教育再考】読解問題や文法問題の難問ってホントに必要?

読解力どこまで必要?

塾長です。

今年もよろしくお願いします。

2021年といえば今世紀が始まってから満20年です。21世紀の5分の1が過ぎました。
中学生の頃に読んだ科学雑誌によれば「宇宙旅行に誰でも行ける時代」になっているはずです。

ところが実際には、そこまで世の中は発展していません。
教育環境1つ見ても、プログラミング教育はおろか、端末を使うか使わないかで、まだ現場が揉めているレベルです。
いまだに古くさい環境や価値観を前提に教育論が語られています。

「未来に生きる生徒たちを、古臭い価値観でムダに消耗させないで欲しい」

今回はそんな疑問の投げかけです。
ちょっと先の将来に向けたお話なので、現役の中高生はまだ見ないでください。

大変そうなので国語に的を絞ります。

読解問題の難問は実用性ゼロ?

大学受験のレベルになると、それはそれは解読が難しい文章が出題されることがあります。
中には1つの段落がまるまる1文という強敵もいます。

そんな難解な文章でも、よく読めば解答できるし、解説を見れば納得できます。
個人的には、緻密に編み込まれた理路整然とした文章を読むのは好きです。

ただ、その種の問題が解けたからといって、何なのでしょう。
シューティングゲームをクリアした程度にしか満足できないです。

それよりも大きな大きな違和感の方が、ずっと心に残ってしまうんですよね。

このレベルの文章の解釈って、本当に役に立つの?

このような難問を解けるような能力を手に入れたとして、
それで生徒たちの能力が社会的な活動に発展していくのでしょうか?

そのような未来が見えてこないんですよね。

例えば、ブログを書いてその反響を観察したり、アクセス数の多い人のブログを読んで関心したりしていると、思うんですよね。

難解な文章なんて、誰も読まないなぁ・・・
読みにくい文章なんて、存在する価値がないなぁ・・・

って。

また、ネット上では文章の解釈ミスが原因で、意図しない意味で拡散されたり炎上したりすることがありますよね。
もっと身近に見れば、自分の投稿に対して文脈と無関係に絡まれたり、一方的な解釈で不満を言われたりすることって、ありますよね。

そういう現実の世界をたくさん見たり経験したりしてくると、こう思うんですよ。

分かりにくい文章を書く方が悪い・・・

って。

私の文章は長くて理屈っぽいものだから、無料で公開しているようなブログにも、文句をコメントしてくる人がいます。

長い、分かりにくい、理屈っぽい・・・

そういうお叱りを受けます。

現代文のハイレベルな読解問題。
きっとエライ人が書いた文章なのかもしれないけれど、世間でどれくらい読まれている文章なのでしょうか。
ぶっちゃけ、入試問題を作るためだけに存在しているような文章ですよね。

社会的には、そういう難解な文章って存在価値が無いんじゃないでしょうか。
本当に内容に価値があるというのなら、同じ内容で、もっと分かりやすく書けばよいじゃないですか。

個人的には、理路整然と編み込まれた文章を読むのは好きですよ。
でも、それは私個人の好みでしかなくて、教育基盤として無理強いするような読み方ではないと思ってくるわけです。

で、そんな文章を読む訓練を一生懸命させても、なんだか不毛だなぁという気がしてくるのです。

分かりやすい文章を書く。
分かりやすい文章をスピーディーに読む。

そういう訓練の方が実社会では価値が高いと思うんです。

国語の偏差値が高いほど「国語力がない」と思われてしまうリスク

これに反論する人がいたら、じゃぁ、試しに、こうしてください。

お客様に見せる提案書や、役員報告の資料。
あるいはブログでもよいです。

そのような資料を同じような文章で、ぜひ作ってみてください。
入試問題に引用されるような緻密で理路整然とした文章で。
論理的に正しくて緻密な文章で、読めば読むほど解釈が厳密にできる。

そんな難解な文章です。

ちゃんと仕事の要件を網羅していて、内容は論理的に正しく、隙がありません。
必要なことは全て書いてあります。
ちゃんと読めば、ちゃんと分かるはずです。

そういう文章で書いてみてください。

きっとレビューの段階で

「分かりにくい、書き直せ!」

って言われますよね。

せっかく大学受験で鍛えた緻密な読解力。
社会に出てから、その能力を使えば使うほど怒られてしまうワケです。

そして、歯切れの良い短い文で、情報を小分けにして、分かりやすく書き直すわけです。
社会人になってから、あらためて実用的な国語力を指導されちゃうわけです。

おまえ、国語力ねぇな!

ってね。

きっとエライ人の文章は、周りの人が「書き直せ」って言ってくれなかったんですよ。

難しくし過ぎれば文化の多様性に対応できなくなる

特に小説や随筆についての難問は、本当に悩ましいです。
どうしても感情の読み取りに

「普通はこう考えるよね」

という個人の主観が根拠になるからです。
そして「普通」とは、どういう人たちの何パーセントが同じように考えれば普通なのか、定義できません。

もちろん大枠としては、人によって解釈が分かれるような問題は出されないことになっています。

ところが、記号選択の問題になると、このルールが破られてしまいます。
選択形式の場合は「消去法」というワザで答えを絞り込めるからです。

「その選択肢が正しいことを説明しきれないけれども、消去法で、他の選択肢に比べれば最もベターだ」

という

「選び方」

を正答の根拠にしてしまう手法です。
この解答法を論拠として許しているので、かなり際どい主観ぎりぎりの模範解答も存在してしまうワケです。

まず率直な疑問として、

消去法というワザを前提にした出題が、本当に国語力を測る問題なのか?

というのがあります。
国語力ではなくて、受験力?、空気を読む力?、そんな印象を持ってしまうからです。

次に、主観ぎりぎりの解答を模範として示すのは、

文化の押し付けではないのか?

という疑問にもつながります。
読み手の国籍や文化や感情表現の方式によって、同じ文章でも、感情の読み取り方は変わります。

感情の読み取りをどう解釈したかは、感想文でも書かせて、それこそ芸術的に評価すればよいのではないでしょうか。

難問を解くために「これは消去法でしか解けないよ」みたいな判別能力を鍛えるために、学生生活の時間を消耗してしまうのは、もったいないですよね。

古典の原文を読ませる意味はあるのか?

続いて、古典の読解力を現代の全ての中高生に訓練させる必要があるのか否かについて考えてみます。

いや、その必要性は無いです。
即答ですみません。

理由は次の通り明白です。

  • 主語と述語の対応が取れていないなど文法的に不完全な文が多くて目に毒
  • 日本の文化を伝承するなら現代語訳を読んだ方がむしろ誤解が少ない
  • 好きな人だけが研究して現代語訳や解説書を作ってくれれば、社会全体としては十分にありがたい

教育改革のたびに教科書が分厚くなるので、そろそろ何かの単元を削ることも必要です。
となれば古典が最初に削除対象となるでしょう。

もちろん古典を研究することは日本国としては大切です。
しかし大部分の人は、その恩恵を現代語訳という形で享受すべきです。

教科書で紹介程度に掲載するのは賛成です。
しかし、それを出題して成績に反映させたり、ましてや入試の合否判定に使うなどは大いに疑問です。

大学に入った後で、必要な人たちだけがやればよいことです。

逆に聞きたいのですが、現代人が古典的な表現や古典文法を使って積極的に表現している世界って、あるんですかね?

あったとして、それが英語や手話や点字のように、一定の社会的なコミュニケーション手段として、ちゃんと浸透している集団があるんですかね?

古典の原文を読解できなえければ、日本の文化が学べないんですかね?

どれも無いですよね。

教科書の中で紹介したり、夏休みの自由研究に指定したりするのは良いと思います。
しかし中高生の試験対象にしたり、古典が成績や合否に影響してしまうのは、やり過ぎです。

文法問題の難問は実用性ゼロ?

中学や高校では、国文法の難問奇問を目にします。
一方で、入試にはサッパリ出題されません。

入試問題は一般公開されるので世間の厳しい目にさらされます。
文法問題なんてものを入試レベルの難易度で出題してしまった日には、

「こんな細かい問題を出す意味あるの?」

という非難や炎上にさらされてしまうでしょう。
容易に想像できます。

それでは逆に、どの程度まで学ばせて、どの程度までテストに出題すべきでしょうか。

文法をどこまで学ぶべきか

まず簡単な作文をするにしたって、主語、述語、修飾語、接続語(つなぎ言葉)の区別は必要です。
そして、情報伝達を漏れなく行うためには「修飾語」の部分をもう少し細分化できた方が良いです。
つまり、5W1Hの区別までは必要だと思います。

いつ、どこで、どんなふうに、どれくらい

という言葉の区別です。

実際、小学生の国語の教科書は、小3~小6まで、これについて繰り返し学習するようになっています。
とても良いと思います。

問題は、中学生になってからです。
この小学生の文法が、まだ不完全な生徒が多いのです。

にもかかわらず、中学生は分厚い文法問題集を渡されます。
なぜ分厚くなるかと言えば、品詞の全種類が細かく紹介され、その細かい見分け方をいちいち訓練するからです。

これが「ちょっとやり過ぎ」だと塾長は考えています。

では逆に、品詞の分類をどこまで教える必要があるのでしょうか?

私は

「文章の読み書きが正確にできる程度」
「英語と日本語の語順の違いを説明できる程度」

で良いと思っています。

もうすこし具体的に考えてみましょう。

名詞の種類を暗記する必要はあるか?

名詞は色々な役割の言葉に成れるので重要です。
なんといっても主語に成れます。

また、質問に対する受け答え方にも関わってくるため、どの言葉が名詞なのかを判別できるようにしておくことが大切です。
さらに英語との比較をするなどのために、名詞の中でも代名詞を他の名詞と区別できた方が良いでしょう。

一方で、名詞の全ての種類を覚えさえたり、その区別が正確にできるかどうかをテストしたりするのは、やり過ぎだと思います。
普通名詞、代名詞、数詞・・・など名詞が更に細かく分類される話は、紹介程度で十分でしょう。

形容動詞と形容詞を区別する必要はあるか?

これはグレーだと思います。説明に困ったら

「実は活用の形で2種類に分けられるんだけどね、まぁ細かいことは覚えなくていいよ。」

くらいでよいです。

両者の区別を厳密にさせることよりも、述語として機能することや名詞を修飾できることなど、色々な事例を見せた方が外国語を学ぶときに有利です。

しかし現状では、「名詞+だ」と「形容動詞」を判別するために、「~なもの」に続くか否かで判別するというテクニックを暗記させたりします。
そして判別できるかどうかをテストします。
これはやり過ぎだと思います。

接続詞を区別する必要があるか?

これは論理的思考と密接にかかわることなので、学ぶ必要があるでしょう。
文脈を作るためには必須です。

穴抜きに当てはまる接続詞を書かせたり選択させたりする問題を出すのも、やむを得ないでしょう。

ただし「順接」「逆接」「並立・累加」・・・という分類用語を覚えさせたり漢字で書かせたりするテストは、やり過ぎです。
この種の分類は、選択問題までが妥当でしょう。

助詞と助動詞を区別する必要はあるか?

これもグレーだと思います。
自立語の接着剤のようなものとして紹介すれば十分です。
その説明に困ったら

「実は活用する、しないなどで2種類に分けられるんだけどね、まぁ細かいことは覚えなくていいよ。」

くらいでよいです。

もちろん、わざわざ助詞を格助詞、接続助詞、副助詞などに分け、それぞれを暗記さえたり、細かい判別について出題したりするのはやり過ぎです。

しかし現状は、例えば助詞の区別を問われる問題を解くために、助詞を格助詞、接続助詞、副助詞ごとに全て暗記しなければいけない状況です。

意味だけでは説明がつかないからです。
例えば「が」は格助詞で「は」は副助詞です。
なぜ違う分類なのかの説明は、趣味レベルの話です。

こうした理不尽な問題を解くために、例えば格助詞を「部屋の戸から鬼が出より」という語呂合わせで覚えたりしますよね。
これはやり過ぎだと思います。

副詞を覚える必要があるか?

副詞が主に述語を修飾する言葉だというのは学ぶ必要があるでしょう。
英語の副詞を理解する上でも必須です。

日本語の構造を深く理解するために、例えば副詞が名詞を修飾してしまうことがあるなど、いくつかの例外を確かめるのも良いと思います。

しかし、さらに細かく「状態」「程度」「陳述」に分類させるような問題はやり過ぎです。
副詞の役割を説明する上で、副詞は3種類あるという事実を紹介するのは良いですが、わざわざその3種類を正確に分類できる能力を試す必要性はないです。

連体詞を覚える必要はあるか?

小学校で「こそあど言葉」を習うので、その正体として説明するのはありでしょう。
また、こそあど言葉以外のも同じような言葉の仲間が存在する、という事実も、言葉の構造を学ぶ視線としては大切です。

ただし、連体詞も暗記する必要はないと思います。

しかし現状は、問題を解くために連体詞を全て暗記しなければいけない状況です。
連体詞と形容動詞の見分け方も暗記しなければいけない状況です。

これはやり過ぎだと思います。

活用を覚えさせる必要はあるか?

言葉と言葉のつながり方を学ぶ上で、活用を確かめることは大切です。

活用表を埋めながら、活用の仕方を網羅的に観察することは大切な作業だと思います。
テストで活用表の穴埋めをさせるのも1つの手だと思います。

ただし活用表の形式まで暗記さえるのはやり過ぎです。
「五段活用」「サ行変格活用」などの活用の分類名を暗記させれることも、やり過ぎです。違いを説明するために紹介するのは良いですが、暗記までは不要です。

しかし実際には、例えば動詞の活用の問題を対策するために、未然形は「う、よう」に、連用形は「ます、た、て」に続く形、終止形は「。」に続く形・・・などという活用表のつくり方の知識まで丸暗記しなければ、活用表を埋める問題が解けない出題形式になっています。
活用の名前まで穴埋めさせています。
これらは、やり過ぎです。

活用表のつくり方は問題文に解説を載せたうえで、活用表を埋めさせる出題にすべきでしょう。

文法問題についてまとめ

このように文法問題について具体的に学習の必要性を見てきました。
ここで挙げた基準よりも難しい出題は、実用的な観点では「やり過ぎ」だと思います。

そして中学で既に国文法の十分条件を満たしてしまうので、高校でそれ以上細かい分類をしても仕方がないと思います。

むしろ中学までの知識を生かして、高校では作文や小論文などのアウトプット力を鍛えた方が良いと思います。
その方が文法の些末な知識を増やすよりも、よっぽど早く言葉の厳密な使い方が身に着くでしょう。

国語の全体について

今後も難解な文章を読解させる必要性はどこにあるのでしょうか?

文章が情報や意思の記録や伝達を担う限り、誤解のない記載方法が追及されるべきです。
学校の勉強も、むしろ難解な文章を悪い例として、それを分かりやすく書くように教えるべきだと思います。

すると時代とともに、分かりにくい文章は減っていく方向にあるはずです。
また文章を書く側も、できるだけ分かりやすく読みやすい文章を書くように心がけるべきでしょう。

そうしなければ、社会人になってから難解な文章を使ってしまい

「誰も読まない」
「国語力がない」

などとお叱りを受けてしまいます。

このように難解な文章を排除していくように社会が動いている以上、学校の勉強もそれに応じるべきだと思います。

そう考えると、21世紀になって、いまだに難解な文章の解読が必要なのは、社会システムがそれだけ未熟だからだと言えます。

例えば、法学部に進むなら、難しい文章の読解能力が必要だと言われます。
しかし、それも法曹のシステムが未熟だからと言えます。

なぜなら、法文の解釈が難しいなら、その解釈がより明確になるように、論理学や数学で使われる形式言語を導入したり、図表を並記する方法を開発したりすべきでした。
それを怠ってきたがゆえに、何でもかんでも文章だけで無理やり表現してきているので、難解な文になっているのです。
特許の申請には図表の添付が許されているように、法文の登録にも図表の添付や形式言語で解釈が一意になるような記載を許した方が良いでしょう。

このように国語の表現は、文字列だけにとどまらなくなります。

実際、教育改革により、読解力の中の1つとして「色々な資料を読み解く」ことが求められるようになりました。
この「色々な資料」とは、ポスターやチラシ、議事録や法文のほか、表やグラフなども含まれます。

つまり「読解力」のあるべき姿として、文字列だけに頼らない表現形態が教育に導入されて来たのです。
そして、コンピューターの発達で、図表たっぷりの文章を簡単に作れるようになりました。
今や写真や動画も文章中に貼り付けることができます。

逆に言えば、文字列だけで表現するから難解な文章が誕生してしまうのです。
他の手段があるのに文章だけで無理くり表現してしまえば、むしろ伝わらないし誰にも読まれません。
今後そのような文章は排除され、色々な資料を併記する形態に代わっていくでしょう。

難解な文章の排除は、もう始まっています。

塾長も読みやすいブログが書けるように日々精進です。

失礼しました。

 


進学実績

卒塾生(進路が確定するまで在籍していた生徒)が入学した学校の一覧です。
ちなみに合格実績だけであれば更に多岐・多数にわたりますが、当塾の理念に反するので生徒が入学しなかった学校名は公開しておりません。

国公立大学

名古屋大学、千葉大学、滋賀大学、愛知県立大学、鹿児島大学

私立大学

中央大学、南山大学、名城大学、中京大学、中部大学、愛知淑徳大学、椙山女学園大学、愛知大学、愛知学院大学、愛知東邦大学、同朋大学、帝京大学、藤田保健衛生大学、日本福祉大学

公立高校

菊里高校、名東高校、昭和高校、松陰高校、天白高校、名古屋西高校、熱田高校、緑高校、日進西高校、豊明高校、東郷高校、山田高校、鳴海高校、三好高校、惟信高校、日進高校、守山高校、愛知総合工科高校、愛知商業高校、名古屋商業高校、若宮商業高校、名古屋市工芸高校、桜台高校、名南工業高校

私立高校

中京大中京高校、愛工大名電高校、星城高校、東邦高校、桜花学園高校、東海学園高校、名経高蔵高校、栄徳高校、名古屋女子高校、中部第一高校、名古屋大谷高校、至学館高校、聖カピタニオ高校、享栄高校、菊華高校、黎明高校、愛知みずほ高校、豊田大谷高校、杜若高校、大同高校、愛産大工業高校、愛知工業高校、名古屋工業高校、黎明高校、岡崎城西高校、大垣日大高校

(番外編)学年1位または成績優秀者を輩出した高校

天白高校、日進西高校、愛工大名電高校、名古屋大谷高校

※ 成績優秀者・・・成績が学年トップクラスで、なおかつ卒業生代表などに選ばれた生徒

 


生徒・保護者様のお友達登録はこちら

LINE登録するとプレゼントがもらえます!
【会員限定】お子様の成績と可能性を伸ばす18個のノウハウ

友だち追加


塾関係者様のお友達登録はこちら

LINE登録するとプレゼントがもらえます!
「zoomで簡単。オンライン授業移行の教科書」
または個別対談も可

友だち追加

 


名古屋市天白区の植田で塾を探すなら個別指導のヒーローズ!!

★ 直接のお問い合わせ ★
――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 植田一本松校
〒468-0009
名古屋市天白区元植田1-202 金光ビル2F
TEL:052-893-9759
教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCgL

愛知県の大学入試と高校入試 コロナの影響 ポイントまとめ

入試会場に向かう学生(男女)の絵

塾長です。

新型コロナウィルスの臨時休校で学校の授業が遅れたり急加速したりしています。
特に受験生は受験の日程や試験範囲がどうなるのか気になります。

あのあと入試の対応はどうなったのでしょうか?

7月の時点でまとめました。

愛知県の公立高校

愛知県の公立高校入試については6月24日(水)に県から発表がりました。

公立高校入試は変更なし!

愛知県では、なんと公立高校入試の試験範囲を「削減しない」と発表しました。
例年どおり教科書の全てが入試の出題範囲となります。

愛知県で3学期制の中学校では、コロナ臨時休校の遅れを取り戻すために、

  • 夏休みを2週間くらい短縮
  • 授業数を週に1~2時間くらい増加
  • 1学期のテストを1回にまとめる

という対応をしているところが多いようです。

そして2学期以降のテスト日程は例年通りに戻っています。
つまり、

  • 8月末までに遅れを挽回完了!
  • 2学期からは例年通りに戻す!

という大方針のようです。

そのため高校入試の予定は「特に変更しない」という判断になったのでしょう。

ちなみに、

  • 8月31日(月) 1学期の終業式
  • 9月 1日(火) 2学期の始業式

という慌ただしさです。

第2波で10月に方針が修正される可能性

ただしコロナの第2波で影響があれば、また方針が変わるかもしれません。
その場合は10月にこの方針が修正されるようです。

他県と比べて愛知県は厳しい?

2021年の公立高校入試の出題範囲について、東京、大阪、名古屋の方針は次の通りです。
時系列に順を追って整理します。

  • 5月13日 文部科学省は、高校入試の出題から中3範囲の一部を削減してよいと発表
  • 6月11日 東京都は、中3の範囲を一部削減すると発表
  • 6月19日 大阪府は、例年より2割くらい範囲を縮小すると発表
  • 6月24日 愛知県は、例年通りで縮小しないと発表

東京と大阪は早い段階から、試験範囲の削減方針を打ち出しました。
これにより中学3年生で習う、数学の「三平方の定理」や英語の「関係代名詞」などが、高校入試の範囲から外れました。

これに対して、愛知県は最も発表が遅かった上に、例年通りとしました。

ちなみに入試日程について、東京、大阪、名古屋の間で大きな差異はありません。

大学入学共通テスト

2021年1月の大学入学共通テスト(旧センター試験)についてはどうでしょうか?

試験の「日程」と、「出題形式」の両方で注意が必要です。

現役生と本試の病欠者のための「第2日程」追加

まず日程としての配慮についてです。
例年の「追試」にあたる日程を「第2日程」と変更して対応するようです。

  • 本試日程: 2021年1月16日(土)~17日(日) 新形式
  • 第2日程: 2021年1月30日(土)~31日(日) 新形式、本試の追試または高校長が第2日程での受験を認めた場合
  • 特例追試: 2021年2月13日(土)~14日(日) 従来のセンター試験と同形式、第2日程の追試

例年の追試は、体調不良、事故、悪天候で受験できなかった人が利用できました。
それを今回だけ「コロナで勉強が遅れてます!」と学校長が認めた場合でも利用できるようになりました。
つまり浪人生が最初から第2日程を希望することはできません。
それが「第2日程」です。

「追試」が「第2日程」になってしまったので、さらにその追試「特例追試」が追加されました。
いわゆる「追試の追試」みたいなものです。
ですから、特例追試は昨年までの追試と同じで、体調不良、事故、悪天候で受験できなかった人が対象です。

ちなみに私立大学の個別試験は2月1日ころから始まってしまいます。
そう考えると、必ずしも第2日程や特別追試の受験が有利とは言えないです。

色々書きましたが、基本的には例年通り、本試日程がメインになります。
ただし高等学校の校長が必要と認めれば、コロナ対応での遅れを理由に第2日程で受験ができます。

なお、本試と第2日程の間で平均点に大きな隔たりが出たとしても、点数調整は行われないそうです。

英語の民間試験活用および国語・数学の記述問題が無くなった

コロナの影響で出題範囲が変わることは無いようです。

ただし準備不足が理由で、次の新しい出題形式の導入が見送られました。

導入が見送られたもの

  • 英語の民間試験の活用
  • 国語の記述試験
  • 数学1の記述試験

英語の民間試験は、入試の公平性や安全性がまだ確保されていません。受験料も高額で経済格差が指摘されています。
国語と数学の記述試験は、自己採点と実際の採点結果が一致しない問題や、採点体制の構築が間に合わない問題があり、まだ実用段階にありません。

こうした理由から時期尚早とされ、2021年の導入は見送られました。
なお、延期なのか廃止なのか部分導入なのか、などの詳細は不透明です。

論理的思考力や問題解決力は問われる

ただ記述試験が無くなったとはいえ、教育改革の趣旨が消えたわけではありません。
いくつかの仮説を比較させたり、実社会の問題に数学や理科の公式を当てはめさせるような、新しい出題形式は計画通りに出されます。
いわゆる論理的な思考力や問題解決力です。

また、多様な資料やディスカッションの記録などから必要な情報を選び出させるような問題の出題も増えるでしょう。
もっとも、すでにセンター試験にその傾向が表れていましたから想像はつくでしょう。

特例追試だけがセンター試験形式という謎

最も気を付けなければいけないのが「特例追試」の出題形式です。

特定追試は、もしも第2日程が体調不良、事故、悪天候で受験できなかった場合に受験する日程の試験です。
追試であるはずなのですが、なぜか出題形式が「本試験」や「第2日程」とは異なります。

特例追試だけが、従来のセンター試験の形式で出題されるのです。

たとえば英語なら、出題されなくなったはずの発音問題や文法問題が相変わらず出題されます。
時間配分や大問の構成が、センター試験そのものです。

もしも自分の高校が学校長の判断で第2日程で受験することになった場合、くれぐれも体調管理は気を付けましょう
風邪などをひいて特別追試で受験することになってしまうと、出題形式が変わってしまうからです。

過去問を解いておけば大丈夫かもしれませんが、時間の取れない現役生には酷な条件かもしれません。

気を付けてくださいね。

細かい変化は10月下旬に確認

東京都は3日連続で新規感染者の人数が100人以上となりました。
まだコロナの第2波が来る危険性が残っていそうです。

ということは、上で書いたことも、まだ変更される可能性があります。
あまり細かい情報まで気にしていると「また変更か・・・」と思って疲れてしまいます。

ですから、こういう時は、大まかな変化の流れだけをとらえておいて、細かいことは、いよいよ受験が近づいてきた時に確認すれば良いと思います。
10月の下旬ころにもう一度ニュースをチェックするのがよいでしょう。

少なくともそれまでは、上で書いたことは、およそ変化しないと思います。

文献

 


生徒・保護者様のお友達登録はこちら

LINE登録するとプレゼントがもらえます!
【会員限定】お子様の成績と可能性を伸ばす18個のノウハウ

友だち追加


塾関係者様のお友達登録はこちら

LINE登録するとプレゼントがもらえます!
「zoomで簡単。オンライン授業移行の教科書」
または個別対談も可

友だち追加

 


名古屋市天白区の植田で塾を探すなら個別指導のヒーローズ!!

★ 直接のお問い合わせ ★
――――――――――――――――――――――
個別指導ヒーローズ 植田一本松校
〒468-0009
名古屋市天白区元植田1-202 金光ビル2F
TEL:052-893-9759
教室の様子(360度カメラ) http://urx.blue/HCgL

大学受験生の数学 国公立大学の二次試験は部分点を狙え!

大学の講義室の写真

塾長です。

国公立大学を目指している受験生に質問です。記述試験マーク試験、どちらの方が点を取りやすいですか?

嫌煙されがちな「記述試験」ですが、理系科目に関しては、実は「記述の方が実力を発揮しやすい」です。今回はその理由と記述の対策について書きます。国公立大学の理系を志望する受験生の話しです。

続きを読む

プログラミングできる・できない という格差

プログラミングのイメージ写真

 

コンピューターの発達で、今ある資格や仕事の多くは無くなると言われています。

すると最後に残る人間の仕事は、

  • 人とコミュニケーションをとること
  • コンピューターを使うこと

の2つだけになるとも言われています。

それを暗示するかのように、プログラミング教育を進める動きが加速しています。

今日も、こんなニュースが出ていました。

続きを読む